ダイエットをしたい人

内蔵型肥満は、食べすぎや運動不足などが原因です。
腹腔内の腸のまわりに脂肪が過剰につている状態のことをいい、比較的男性に多いです。
見た目は、下半身よりもウエスト周りが大きくなることから、別名「リンゴ型肥満」ともいわれています。
BMIが25未満で、肥満の分類に属さない人も内蔵に脂肪が蓄積されている場合もあり、隠れ肥満の方もいます。

この内蔵型肥満は生活習慣病の要因を作るといわれています。
2型糖尿病、高血圧や動脈硬化、脳梗塞などを誘発する悪玉物質を内臓脂肪が作ってしまうため、生活習慣病のリスクがあがりやすくなります。
通常の人と比較すると、糖尿病は5倍、高血圧3,5倍、心臓病2倍も発症が高まります。
メタボリックシンドロームの基準では、腹囲が男性は85cm以上、女性は90cm以上がひとつの基準になっており、これ以上になると内蔵型肥満の可能性が高いです。
この内蔵型肥満を放置してしまうと、生命を脅かす危険性があるため改善する必要があります。

改善方法としては、食事や運動習慣の見直しをすることが必要です。
食事は摂取カロリーを考え、過食しないようにすることです。
また、現代は食の欧米化が進んでいるため、野菜や魚など和食中心としたヘルシーな食事をとるように心がけます。

また、炭水化物の摂取量を減らすことも効果があります。
運動はウォーキングやランニングなどの有酸素運動をとりいれるようにします。
内蔵型肥満は、皮下脂肪と比べると比較的つきやすくとれやすいという特徴をもっていますので、なるべく短い時間でも毎日継続して行いましょう。

しかし、過剰に食事療法や運動療法を行うと、健康に悪影響を及ぼす可能性がありますので、内蔵脂肪は適度に落としていくことが大切です。

記事一覧

赤ちゃんを守るために妊娠中はホルモンの影響もあり脂肪がつきやすくなります。 しかし、あまりに体重が増...

医学的に肥満の定義は身体の中に体脂肪が過剰背に蓄積された状態とされ、目安とされるものにBMI値があり...

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ