妊婦肥満にもご注意

運動する肥満男性

赤ちゃんを守るために妊娠中はホルモンの影響もあり脂肪がつきやすくなります。
しかし、あまりに体重が増えてしまい妊婦肥満になってしまうと、母体だけではなく胎児にもさまざまな影響が出てきてしまいます。
妊婦肥満になると、妊娠高血圧症候群になりやすい、妊娠糖尿病のリスクが高まる、身体が重くて腰痛になってしまう、妊娠線ができやすい、神経根閉鎖障害のリスクの増加などが上げられます。
高血圧は症状が進行すると、痙攣発作が起きてしまったり、糖尿病になると巨大児が生まれるリスクが高まってしまうとされています。
また妊婦肥満になってしまうと出産にも影響が出てきます。
皮下脂肪によって産道が狭くなったり、微弱陣痛になりやすく、難産でお産が長引く、出産後の出血のリスクが増加、切開や裂傷が治りにくくなるだけではなく、体重や体型が戻りにくくなるなどがあるのです。

妊娠中の体重増加は7~12kgほどが理想とされています。
体重増加がこの範囲に収まるように管理していくことでさまざまなリスクを回避することができるようになります。
しかし、体重が増え過ぎたからと言って、ダイエットを行うと貧血の原因になってしまい体調不良を引き起こしてしまいます。
そのため、体重を管理する場合には産婦人科の医師に相談することが大切です。

妊娠中の肥満を改善したい場合には、食生活の見直しと生活習慣の改善をおすすめします。
妊娠中のダイエットの食事のポイントとしては、主食を中心に主菜や副菜を組み合わせてバランスよく栄養を摂取していくことと、塩分を取りすぎないこと、不足しがちな葉酸や鉄、カルシウムなどを意識して取り入れていくことが良いとされています。
また、運動を行うことも大切で身体に負担がかからない程度のウォーキングなどを行うことがおすすめです。